2016年

1月

07日

自分で体験してみると商品の価値や提供してくれる人の人柄が伝わってくる

おはようございます!
講演やセミナーの仕事で全国に出かけ、移動時間の合間に商店街やイベントを視察しています。

小売・サービス業の集客や販売促進、メディア取材を呼び込む方法などを専門に指導している、売れるしくみづくり実践家の谷田貝 孝一です。

きのうは、茨城県坂東市にある岩井モール商店街連合会様が主催する『魅力ある商店街づくり勉強会(全10回)』の、課外授業『疑似体験教室』で講師を務めました。

疑似体験教室は、洋装店の『マーブリング講座』とパン屋さんの『クリスマスケーキづくり』でした。

 

洋装店の『マーブリング講座』では、容器に入れた水の表面に5色の絵の具を薄く流し込み、できあがった模様を紙や布に転写します。

バンダナ用の布に転写したものはその場で乾燥させ、次のクリスマスケーキづくりの際、さっそく使用しました。

 

パン屋さんの『クリスマスケーキづくり』では、クリスマスケーキを実際につくりました。

時間を短縮するため、焼き上がったスポンジをカット、生クリームを塗り、いちごを挟み、スポンジを生クリームで包み込み、模様を着けます。
仕上げにクッキーやチョコレートをトッピングして完成させました。

 

体験教室は、一連の作業を体験してもらうことで、洋装店やパン屋さんがつくる商品の価値や人柄を伝えることが目的です。
なので疑似体験教室では、道具と材料の選び方や使い方などのポイント、上手に仕上げるコツなどの作業指導を通じて、価値や人柄が伝わるよう工夫を加えます。

商品の価値や指導する人の人柄を伝える工夫をしなければ、ただ単に「いい人」と言われるだけで、仕事につながることはありません。

【仕事につながる体験教室・講座】の企画・運営については、こちらで詳しく書いています。

 

 

http://yatagaikouichi.com/kouzagaiyou/kouza2/

集客・PR・販促専門

栃木県栃木市都賀町家中3405

 

TEL:0282-28-1601

代表/受付時間9~18時)
講演やコンサルティング中、移動の電車の中でお電話に出られないことが多いです。
お手数ですが、留守電に録音していただけると助かります。
もしくは、メール(k-yatagai@juntohru.com )でご連絡ください。

 

休業日:日曜日

対象地域:全国

お気軽にご相談ください