2015年

11月

19日

売るために考えるのではなく、困っている人の役に立つことをする!

おはようございます!
講演やセミナーの仕事で全国に出かけ、移動時間の合間に商店街やイベントを視察しています。

小売・サービス業の集客や販売促進、メディア取材を呼び込む方法などを専門に指導している、売れるしくみづくり実践家の谷田貝 孝一です。

きのうは、群馬県伊勢崎商工会議所様が主催する消費税転嫁対策セミナーで講師を務めました。

講座では、「お金をかけずにものも売らずに『儲ける仕組み』」というタイトルで、チラシ広告やフリーペーパーなどの宣伝費にお金をかけずにできる、PRや集客、販売促進の具体的な方策についてお話させていただきました。

『なに』を『だれ』に売るために『どうする』か?と悩む人は多いです。が、お金をかけずに売り込むことなくモノが売れる状態をつくるためには、『だれ』に『なに』を提供できるのか、これを『教(伝)える』ことが大切です。

講座終了後の質問で、「谷田貝さんが自分でやってきたことなのでわかりやすかったです。しかも、人の役に立って仕事につなげている。こういうアイデアや知恵はどうやって生まれるのですか?」と訊かれました。

「わたしはアイデアや知恵をあまり持っていません。なので、困っている人がわたしに相談しやすいような状況をつくっています。相談されたら、『あなたのお役に立つために、わたしはどうしたらいいですか?』と訊いています。」とお答えしました。

わたしのような凡人で知識や知恵があまりない者でも、困っていることを相談してくる人の「して欲しいこと」を訊くことができれば、その人の役に立つことができるわけです。

これを読まれているあなたも、地域にいる生活者である消費者や身近にいる人の楽しい生活を支えるために、「して欲しいこと」を訊き出すしくみを持つといいですね。

さて、きょうは、徳島県商工会連合会様が主催する女性経営者資質向上セミナーで講師を務めるため、徳島県に出かけます。
.

集客・PR・販促専門

栃木県栃木市都賀町家中3405

 

TEL:0282-28-1601

代表/受付時間9~18時)
講演やコンサルティング中、移動の電車の中でお電話に出られないことが多いです。
お手数ですが、留守電に録音していただけると助かります。
もしくは、メール(k-yatagai@juntohru.com )でご連絡ください。

 

休業日:日曜日

対象地域:全国

お気軽にご相談ください