2015年

5月

13日

経営計画で新たな事業の新規性や革新性あるサービスを発案するコツ

はようございます!

講演やセミナーの仕事で全国に出かけ、移動時間の合間に商店街やイベントを視察しています。

小売・サービス業の集客や販売促進、メディア取材を呼び込む方法などを専門に指導している、売れるしくみづくり実践家の谷田貝 孝一です。


きのうは、先日、茂原商工会議所様が主催した『経営計画作成セミナー』に伴う個別相談会があり、参加された会員事業所さんの経営計画作成のご相談にアドバイスしました。


ライブハウスを運営されている方には、音楽に特化することなくあらゆる表現(一人芝居や指人形、落語や主張発表など)をする人に対して場所を提供することや、いま持っている機材やこれから導入する機械を使い、新たにできうる新規性や革新性のある取り組みについてもアドバイスしました。


こんなふうに考えることが、小規模事業者持続化補助金に伴う経営計画作成で新規性や革新性のある事業を発案するコツです。



さて、きょうは、さいたま市にあるコミュケーションスペースSaiを使用し、荻原 ちとせさんが主催する第三期『超実践型経営勉強会』のメニューづくりがあるため、埼玉県さいたま市に出かけます。


『超実践型経営勉強会』は、東京都目黒区の有限会社スタットワークさんでも開催しています。


現在は、開催地域の募集をしていませんが、今後、開催を希望される方はお問い合わせください。

.

.

集客・PR・販促専門

栃木県栃木市都賀町家中3405

 

TEL:0282-28-1601

代表/受付時間9~18時)
講演やコンサルティング中、移動の電車の中でお電話に出られないことが多いです。
お手数ですが、留守電に録音していただけると助かります。
もしくは、メール(k-yatagai@juntohru.com )でご連絡ください。

 

休業日:日曜日

対象地域:全国

お気軽にご相談ください